« 2007年10月 | トップページ | 2008年11月 »

2007年11月

ニナタ薬品の健康コラム◎男性更年期障害その4

おはようございます。北九州市小倉南区ニナタ薬品の渡辺です。男性のみなさま、このごろ原因不明の不調が続いていませんか?ひょっとして男性更年期障害かもしれませんよ。今日は、男性更年期障害の治療法についてご紹介します。

Dannseikounennki Q3、男性更年期障害には、どんな治療法があるのですか?

A:男性更年期障害の治療前に、必ず鑑別しなくてはいけないのがうつ病です。精神科だどの受診歴がなく、うつ病の可能性が強い場合には精神科の受診を強くすすめます。また、少なくともうつ状態にあると考えられる場合には、必ず抗うつ薬を服用していただくこともあります。

男性更年期の診断には、血液中のテストステロンの測定が不可欠です(日本では遊離型/フリーを測定して診断)。今年発表されたLOH診断の手引きでは、フリーテストステロン値が11・8pg/ml以上を正常、8・5未満を低下、その他はボーダーラインになります。

この値が正常値未満の場合、テストステロンを補充するホルモン療法の対象となります。

ホルモン補充療法として、外国では有効で安全な内服薬、塗布剤、貼布剤が使用されています。

しかし、日本ではまだ認可されていないため、エナント酸テストステロンを2~4週毎に筋肉注射をするのが主流となっています。

約70%の患者さんにこの治療法をおこなっていますが、その65%に有効性を認めています。

一方、めまい、のぼせ、冷えなどの自律神経失調症状には漢方薬を用いていますが、かなり有効な場合もあります。(2007/11/5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニナタ薬品の健康コラム ◎男性更年期障害その3

おはようございます。北九州市小倉南区ニナタ薬品の渡辺です。男性のみなさま、このごろ原因不明の不調が続いていませんか?ひょっとして「男性更年期障害」かもしれません。きょうは、男性更年期障害チェック表のご紹介です。

***************************************
◎チェック表の使い方・・・各症状の当てはまる欄をチェックし、その点数の合計値で判定します。

Dannseikounennki●点数チェック
症状なし :1
軽い    :2
中程度  :3   
重い    :4
非常に重い:5

《合計点数》

17~26点:心配なし
27~36点:軽度
37~49点:中程度
50点以上:重度

《ハイネマンらによる加齢男性症候スコア》

1、総合的に調子が思わしくない(健康状態、本人自身の感じ方)

2、関節や筋肉の痛み(腰痛、関節痛、手足の痛み、背中の痛み)

3、ひどい発汗(思いがけず突然汗が出る、緊張や運動とは関係なくほてる)

4、睡眠の悩み(寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、寝起きが早く疲れがとれない、浅い睡眠、眠れない)

5、よく眠くなる、しばしば疲れを感じる

6、いらいらする(当り散らす、些細なことにすぐ腹を立てる、不機嫌になる)

7、神経質になった(緊張しやすい、精神的に落ち着かない、じっとしていられない)

8、不安感(パニック状態になる)

9、からだの疲労や行動力の減退(全般的な行動力の低下、活動の減少、余暇活動に興味がない、達成感がない、自分をせかせないと何もしない)

10、筋力の低下

11、憂うつな気分(落ち込み、悲しみ、涙もろい、意欲がわかない、気分のむら、無用感)

12、「絶頂期はすぎた」と感じる

13、力尽きた、どん底にいると感じる

14、ひげの伸びが遅くなった

15、性的能力の衰え

16、早朝勃起(朝立ち)の回数の減少

17、性欲の低下(セックスが楽しくない、性交の欲求が起きない)(2007/11/02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛漢方サロン◎ピカピカお肌のために

ピカピカお肌のために・・・

こんな症状気になる方に是非お勧めします、漢方養生法。

・肌がカサカサする  

・肌につやがない  

・小じわが増えているなど・・・。 

中医学で、お肌と関係の深い臓器は脾と肺なんですよ。

★★★ ワンポイント解説 ★★★ panda1.jpg

・・・胃と関係が深く、飲食物の消化吸収を主に管理しています。脾の働きが正常なら、肌や筋肉の栄養も良く、四肢の活動も自由で、口唇の色も正常です。精神活動では、思慮・思考を管理しています。精神的ストレスが胃によくないと言われるように、あれこれと深く考え、思い悩むのは食欲不振や消化不良を引き起こします。自然の甘味は脾には入りやすく、過剰の甘味は脾を傷つけます。脾の病気は湿気を嫌います。

中医学でいう「脾」は、西洋医学でいう脾臓の働きとは異なるもので、飲食物の消化・吸収・移動をもっとも重要な機能とし、ほぼ今日の消化管の働きに相当します。消化器疾患、水分代謝異常、ある種の出血などは脾と深い関係にあります。 

・・・大腸と深い関係にあります。呼吸の5分の1は皮膚が行っているといわれるように皮毛と密接な関係にあり、肺が正常なら皮膚の状態もよく、うぶ毛にも光沢があり、外邪に対する抵抗力もあります。肺の病気は鼻にあらわれます。また、憂い・悲しみは肺の生理機能と関係があります。辛味は肺に入りやすく、肺気が弱まったら辛味の食品を食べます。しかし、過剰の摂取はよくありません。顔色が白いのは、肺気が不足していることをあらわします。肺の病気は乾燥を恐れ、乾燥によって悪化します。

中医学で言う「肺」は、西洋医学でいう呼吸器系の作用を指すだけでなく、体液代謝の一部、体温調節、免疫系の一部などを含めた機能系といえます。     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニナタ薬品の健康コラム 男性更年期障害その2

おはようございます。北九州市小倉南区ニナタ薬品の渡辺です。

きょうは男性更年期障害についての2回目です。

Dannsei Q2、男性更年期障害で、注意すべき症状はあるのでしょうか?

A:男性更年期の症状の評価のためによく用いられるのが、ハイネマンらにより作成された、加齢で出やすい症状の質問紙です。(次回ご紹介します)17の項目で症状の程度を5段階で評価し、合計点により軽度、中等度、重度と判定します。

男性更年期外来の患者さんでは、質問6、7、8、1、13の精神神経障害や、質問4の睡眠の悩みが多くみられます。実際に患者さんの60~70%は、すでに精神科あるいは心療内科でうつ病、うつ状態と診断されています。

その他、頭がすっきりしない、めまい、ひどい寝汗、背中のほてりなどに悩んで受診される方もいますが、これらの症状は原因がはっきりせず、いくつもの科を転々としている場合があります。(2007/11/01)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年11月 »