« 潤い足りてますか? | トップページ

目の疲れをスッキリ癒す。

おはようございます。渡辺です。テレビやパソコン、携帯電話など、現代の暮らしでは何かと目を酷使しているものですね。仕事で一日中パソコンのモニターに 向かっているという人も多いのではないでしょうか?目の疲れは頭痛や肩こりなどの辛い症状にもつながるので、日頃から目を大切にする習慣を身につけましょ う。

目の疲労感や乾きといったさまざまな症状は、五臓六腑との密接な関わりの中で現れるものです。中医学の医学書にも「目には五臓六腑の精気(生命の源となる力)が集まり、その力によって物をよく見ることができる」という記述があり、その密接な関係を表しています。

特に深い関わりがあるのは、血の貯蔵庫である「肝」。「肝は目に開く」ともいわれ、肝で蓄えられた血は”目の栄養源“となっています。目を使うと血は消耗されますが、酷使して血の消耗が激しくなると、目に栄養が行き届かず疲れや痛みなどの症状が現れるのです。

また「肝腎同源」といわれるように、「腎」は肝をバックアップする臓腑。肝の機能を高めるためには、腎を強くすることも大切です。

眼精疲労やドライアイといった目のトラブルは、多くの人が抱える悩み。軽い目の疲れでも、頭痛や肩こり、イライラ、鬱といった症状につながることもあります。

また、肝臓や胃腸などの病気が原因になっていたり、糖尿病などの初期症状として現れることもあるので、いずれにせよ軽く考えて放置するのは禁物。日頃の養生で目をいたわり、症状に気付いたら早めに対応するよう心がけましょう。

体質、体調でチェック!タイプ別、目の養生法

同じ目の症状でも、体質や体調によってその原因はそれぞれ異なります。目の疲れや痛み、乾きといった不快感を感じたら、自分の体質やその時の体調などを考えた対応を。ここでは、重に3つのタイプに分けて、その症状と食養生をご紹介します。

詳しくは、http://www.ninata.com/のトップページの案内をどうぞ!

|

« 潤い足りてますか? | トップページ

ニナタ薬品から今日のメッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470843/25821627

この記事へのトラックバック一覧です: 目の疲れをスッキリ癒す。:

« 潤い足りてますか? | トップページ